メンズファッション,パパ

メンズファッションと子供と嫁が大好き!

子どもの遠足から蘇る思い出は『飴』

デイバックの画像

昨日は、梅雨の中とても天気の良い日でした!


ましてや気温の高い日でしたのでした。


私は外に出てからほんの数分で汗がにじみ出るほどの暑さでした(笑)


あ、因みに昨日は、小学生の子どもの遠足でした。


今回の遠足はどうやら高尾山を登るらしく、スニーカーに長ズボン、帽子にリュックといった感じでした。


いかにも『登山』といった感じの服装で、子どももどこかいつもと違う雰囲気で気合が入っているように見えました(笑)


奥さんは、相変わらず「子どものために!」と『キャラ弁当』を一生懸命に朝早くから作ったようです。


今回のキャラクターは子どもに大人気の『たまごっち』に出てくる、子どもが特に好きなモコモコしたピンクの子でした。


(何だか説明が曖昧ですみません…。)


ですので、私が登校前のリュックを背負った子どもを玄関で送り出すとき、子どものテンションは既にノリノリでした(笑)


正直、朝から騒がしかったです。


しかも、子どもは一回家を出たのに「忘れ物した!」と、急いで戻ってきました。


奥さんはそれに対し「だから、あれだけ「確認しなさいよ!」って言ったじゃない!」と怒っていました(笑)


そこで少しテンションが下がり、静かに家をあとにした子どもでした(笑)


私も遠足で、山登りに行った記憶は今でもうっすらとありますね。


私が一番覚えているのは、『山登りの前に自分だけ注意されていた』というシーンですね。


何故自分だけ注意されたのかを、当時のことを思い出しながら少し説明したいと思います(笑)


まずは山まで大型バスで行きました。(因みに、関係ないですが酷く酔いました(笑))


バスから降りると、クラスごとに集合し、担任の先生の前に出席順に並びました。


そして、先生からの『山登りの注意』を受けました。


その後に、山中、万が一何かあったときに役に立つものとして生徒一人一人に飴が配られました。


登山をする際、「糖分は何よりも大事だからね」なんて、説明されたのだと思います。


ここで当時の私は、あることをやらかしてしまったのです。


それは、配られた飴玉を何も考えずにすぐさま食べたのです(笑)


今考えると何で食べてしまったのか不思議なのですが、本当に何も考えていなかったのでしょう(笑)


食べてはいけないと気付かされたのは、出発間際でした。


先生の「さぁ、1組行くよー!飴玉はしっかりポケットに入れておきなさいよー!」という掛け声でした。


まぁ、後の祭り的状況ですので、そのときの自分は「あ~ポケットにね」なんて思いながら、すまし顔をしていたと思います。


ところがです!


私が飴を食べてしまったことを知っていたクラスメートが、すかさず先生に報告したのです…。


ということで、『山登りの前に自分だけ注意されていた』という思い出に繋がるのです(笑)


お話は戻りますが、夕方帰宅すると子どもは無事帰宅したようで、お風呂に入っていました。


その後、虫が…、お弁当が…、などなど長々遠足の土産話をしてくれました。


まぁ、そんな『登山では何事にも気を付けなければならない!』というお話でした(笑)

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: